• ホーム
  • ニュージーランドマヌカハニー(マヌカはちみつ)を食べよう|manuka honey honey: 検索結果

タグ「抗菌作用」が付けられているもの

UMF(ユニーク・マヌカ・ファクター)とアクティブマヌカハニー

2010年6月24日 yuppi |

UMFとは、マヌカハニーの抗菌効果をNEWZEALAND LABORATORY SEAVICE LTD で検査した結果を示す数値です。 ※フェノール溶液には毒性がありますが、マヌカハニーには毒性がありません。

  • UMF1+ フェノール溶液1%と同等の抗菌作用
  • UMF10+ フェノール溶液10%と同等の抗菌作用
   :

以下略

マヌカハニーの抗菌効果を示す数値は、UMFの他に・MGS(ワトソン&サン社)・MGO(マヌカヘルス社)があります。

アクティブマヌカハニーとは?

UMF10+以上のものをアクティブマヌカハニーと言います。

UMFが高いアクティブマヌカハニーを買うべき?

UMFが高いほど抗菌作用が高いとなると、高い数値のアクティブマヌカハニーを買いたくなりますよね。しかし、排泄物の消毒に用いられるフェノール溶液でさえ濃度は5%だそうです。ということは、フェノール溶液10%と同等の作用をもつUMF10+のマヌカハニーでもかなりの効果が期待できますね。

参考記事:どのマヌカハニーを選べばいいの?とお悩みの方へ(ハニーマザーYahoo!ショッピング店)

「マヌカハニーの味が強くなきゃ嫌!」
というわけでなければ、手に入りやすくてお手軽価格のUMF10+で十分だと思います。

~いろいろなマヌカハニーがあります。よろしかったらこちらをご覧ください~

Categories
Tags
shopping mall(外部サイト)
Pages